手段を選ぶ

3種類の方法がある

ペンタブレット

初めての同人誌作成では印刷会社にどのようにして入稿をしたらいいのかと不安を感じている人もいることでしょう。
同人誌の入稿方法にはいくつかの方法があり、それぞれの印刷会社によってどの入稿方法に対応しているかも違います。
入稿方法をよく確認して同人誌を印刷してもらう必要があります。
印刷会社への入稿はオンラインを利用した方法、宅配や郵送、直接印刷会社に持って行く方法があります。
以前はデータを保存したCDや原稿を宅配や郵送によって入稿したり、直接入稿が一般的でしたが、最近ではオンラインでの入稿が主流となっているようです。
オンラインであれば、入稿する際の手間もなく簡単に済ませることができます。
オンライン入稿では、ホームページから入稿できるところもあれば、FTPソフトの利用によって入稿する方法、メールなどによって入稿する場合もあります。
印刷会社のホームページから入稿できるところでは会員登録が必要になるケースがあります。
会員になってログインすることでホームページから入稿することができます。
宅配や郵送を利用した入稿では、申込書やデータ確認書などを同封する必要があります。
データ確認書とはデータがどのような形式で保存されているのかを確認するもので、解像度や保存形式などです。
同人誌の入稿方法によっては準備するものもありますし、入稿方法は印刷会社によって異なります。
入稿方法をよく確認して、入稿時には不備がないようにしましょう。

本格的に製本する時のコツ

色見本

今では色々なサークルがあり、同人誌を発行する機会も増えています。
コンビニのコピー機はとても性能が良いので、それを使えば簡単に同人誌を作成することができます。
しかし本格的な同人誌を発行するなら印刷会社に依頼するのが一番です。
同人誌を印刷会社に依頼する場合、まず原稿をまとめる必要があります。
個人で発行するのかメンバーで発行するのかによって違いがあります。
メンバーで発行する場合は各自が原稿の締切を守る必要があります。
そうしないと印刷会社への発注ができないからです。
印刷会社へ発注する場合の方法ですが、まず部数と金額を決めるのが重要です。
オフセット印刷は本格的な同人誌が作成できるので人気ですが、印刷所のルールがあるのでそれを守る必要があります。
まず入稿するための原稿チェックを行います。
その時に印刷所のやり方があるので、それに従います。
製本が完成したら送付してくれるのか、取りに行くかなども事前に決めておきます。
例えばアニメや漫画の同人誌を発行する場合は、コマ割や吹き出しなどは原稿用紙の枠内に配置します。
製本する時に綴じる部分に絵や吹き出しを描かないことも大事です。
このような注意点を守らないと、印刷をする時の調整が難しくなり不完全な製本になります。
また手間がかかりそうな原稿は早めに印刷所に持ち込んで相談することです。
オフセット印刷の場合は少部数だと単価が高くなるので、なるべく大量部数で注文する方がよいでしょう。

開始前には確認を

印刷

昭和から続く同人活動は比較的長い歴史があり、近年においては個人だけでなく親子連れまで、年齢や性別に関係なく幅広い世代が楽しんでいます。
数万人もしくはそれ以上が参加する大イベントも珍しくはありませんが、同人活動を支えているのが全国各地で営業する印刷サービスです。
これまで業務用として営業していた印刷サービスは、一般レベルでも注文可能な小ロットに対応し、商用と同レベルの仕上がりが人気となっています。
同人向け印刷サービスはウェブサイトから入稿でき、全く初めての人でも分かりやすいといえますが、失敗防止のポイントは押さえておくと良いでしょう。
まず確認すべき部分として解像度のdpiが挙げられ、推奨の数値より低い場合、仕上がりが悪くなる可能性があります。
通常はテンプレートが用意されていることから、そのまま使用するのみですが、操作に慣れていないと意図せずに変更しがちです。
部数が多いと痛恨のミスとなりますので、データ作成時と入稿前には必ず確認しましょう。
このほか、同人では二次創作も人気ジャンルのひとつですが、著作権や肖像権に対する意識も高めなければなりません。
印刷サービスでは入稿後にチェックを実施し、問題が無ければ注文内容に沿って制作を開始するシステムです。
つまり、問題がある場合は受付不可となりますので、これまでの作業がムダとなってしまいます。
成人向けの内容もルールが厳しくなっているため、印刷サービスが設けているルールの事前確認が大切です。

良い会社を選択する

男の人

同人誌に特化した印刷会社があります。このような会社では会員登録をしてからの発注となります。このような会社は同人誌に対しての様々な事情も把握し、便利なサービスも提供していることから同人誌製作には最適な会社です。

もっと読む

条件によって大きく変動

プリント

同人誌を自分で作ってみたいという時に気になるのがその費用ですが、それはどのような同人誌にするかで大きく違ってきます。印刷方法やサイズ、紙質や部数によって費用は大きく変化してしまいますので安くすることも高くすることも可能です。また、印刷所によっては早期割引なども用意されています。

もっと読む

確認しておきたいこと

ウーマン

同人誌作成を印刷業者に依頼する場合、入稿に関して、業者ごとにルールがあります。例えば、デジタル原稿であれば「印刷業者が、取り扱い可能なファイル形式」などで、アナログ原稿であれば、「トーンなどはしっかりと貼り付け、原稿はよれのない状態にしておく。」などといったことです。

もっと読む