確認しておきたいこと

入稿に関するルール

ウーマン

同人誌作成を行うにあたり、入稿ルールの確認は非常に重要です。
というのも、印刷を依頼する業者ごとに、入稿ルールは異なっているからです。
例えば、最近増えつつある漫画制作ソフトを使って仕上げたデジタル原稿にて、同人誌の印刷を業者に依頼するとしましょう。
その際、入稿しようとしている原稿のファイル形式が、業者が受け入れ可能な形式ではなかった場合、その業者に印刷を依頼することができないということになってしまいます。
また印刷業者によっては、作業の効率化や印刷時の乱丁や落丁を防ぐために、ファイル名の命名ルールを設けているケースもあります。
また、従来の紙ベースによるアナログ原稿についても、業者ごとに入稿ルールがあります。
例えば、トーンやセリフを原稿に貼り付けて仕上げをするような場合、貼り付けたものが浮いていたり、のりをつけすぎてよれた状態になったりした原稿はNG、もしくはイメージ通りの仕上がりを保証しないなどです。
ほかにも、「天地がわかりにくいページや、意図的に白紙にしているページは、その旨、余白にコメントを書き込む。
」などのルールを設けているところもあります。
なお、同人誌の作成が初めての場合、多くの業者では、デジタル原稿にしろアナログ原稿にしろ、ユーザーに、スケジュールに余裕をもっての入稿を求めてきます。
これは、初めての同人誌作成においては、原稿や作業に必要な情報の抜けや漏れが発生しやすいためです。

キレイな製品に仕上げる

色見本

同人誌などを作る際、パソコンやプリンターを使用して自作する人も多いですが、キレイな製品を作る為や部数が多い時には、業者に依頼し製本する人も沢山います。
入稿から納品までの手続きをインターネットや郵送でできるところもあり、直接店舗に出向く時間のない人や、近くに専用の印刷業者がない場合でも注文が可能です。
業者に依頼すれば、同人誌だけでなく、自分では印刷が難しいプラスチック製品や布製品などのオリジナル商品を作ることも可能です。
同人誌一つ作るにしても、ページ数、綴じ方、サイズなど選ぶことができますし、表紙の印刷も単色にするかフルカラーにするか、単色ならどんな色にするのかなど沢山の選択肢から選ぶことができます。
一つ一つ細かく選ぶことで作者や作品のイメージに合わせて製作できるのも魅力の一つです。
初心者の場合は自分で製本しようと思っても上手くできないこともあります。
まだ初心者で、いきなり業者に依頼するのはハードルが高いという人でも、初心者用に簡単に製本できるようなメニューを用意している業者もあります。
業者に依頼するメリットの一つとして、大量の部数でも製本できるということが挙げられますが、イベントなどに出店する際、大量の同人誌やオリジナルのグッズを持っていくのはとても大変です。
最近ではイベント会場の自分の出店スペースまで直接納品してくれるサービスを行っている印刷業者も多いので活用してみるのもおすすめです。

価格と品質のバランス

本

同人誌を作成する際には、業者に依頼して製本する人も多くいます。
作成する同人誌をどんな仕上がりにしたいかで、印刷の方法からサイズ、綴じ方まで選ぶことができます。
同人誌の印刷方式にはオンデマンド印刷とオフセット印刷があります。
業者によってはどちらかを選べるところもありますが、どちらか一方の方式しか行っていないところもあるので、業者を選ぶ時には確認が必要です。
この二つの方式の違いは「版」を使っているかどうかの違いです。
オンデマンド印刷は版を作らず、デジタルデータから直接印刷する方式です。
細部まできれいに再現することは難しいと言われてきましたが、最近は技術の向上により昔より仕上がりがきれいになったと言われています。
また、少量の冊数なら低価格で済ませることができ、仕上がるまでのスピードも早いので、安さや早さを求める人に人気です。
初心者で試しに少量の冊数を業者に頼んでみたいという人にはおすすめです。
反対にオフセット印刷は「版」を作って紙に転写するアナログの方式です。
細部までくっきりときれいに印刷することができ、少量だと割高ですが、部数が増えれば増えるほど一冊当たりの単価が安くなるので大量に発注したい人に人気です。
人気のある作家さんなどは大量に製本したい上、高品質な仕上がりになるのでオフセット印刷を利用する人が多いです。
どちらにもメリットがあるので、同人誌を作る際には、部数や価格など自分に合わせて選ぶことが大切です。

良い会社を選択する

男の人

同人誌に特化した印刷会社があります。このような会社では会員登録をしてからの発注となります。このような会社は同人誌に対しての様々な事情も把握し、便利なサービスも提供していることから同人誌製作には最適な会社です。

もっと読む

条件によって大きく変動

プリント

同人誌を自分で作ってみたいという時に気になるのがその費用ですが、それはどのような同人誌にするかで大きく違ってきます。印刷方法やサイズ、紙質や部数によって費用は大きく変化してしまいますので安くすることも高くすることも可能です。また、印刷所によっては早期割引なども用意されています。

もっと読む

確認しておきたいこと

ウーマン

同人誌作成を印刷業者に依頼する場合、入稿に関して、業者ごとにルールがあります。例えば、デジタル原稿であれば「印刷業者が、取り扱い可能なファイル形式」などで、アナログ原稿であれば、「トーンなどはしっかりと貼り付け、原稿はよれのない状態にしておく。」などといったことです。

もっと読む